育児本

子どもは、将来の幸せではなく今の幸せが大切

私の育児のバイブル本。

佐々木正美の子育て百科②

その中に、こんな文があるんです。

子どもというのは、小さければ小さいほど、今幸福でなければ、将来に夢や希望は絶対に持てないんですね。今苦しくても、頑張っていけば将来は幸福なんだ、というのは大人の感情ですから。

これ、本当にその通りだなと感じます。

今頑張っておけば、将来のためになるって小さな子には実感が湧かないですよね。

こうとも言っています。

親は子どもが歯を食いしばって頑張っているのが喜びなんです。そうでしょ、親っていうのはしばしばそういうところがあるわけです。そこに将来の夢をかけるわけです。

うう。耳が痛い。

私は生きて行く上で基礎学力は大事だと考えています。早期教育については受験対策や先取り学習目的ではなく、学ぶことが楽しい!と気付くきっかけとして活用したいです。学び環境は整えてあげたい。

でも、一歩道を間違えると、佐々木正美さんがおっしゃっているように、子どもを置き去りにした親のエゴになってしまう。それは避けたい。

親は子どもの事を思ってやっていることで子どもの幸福度が下がってしまっては、こんな悲しいことはないです。

子どもが大人になってからの方が人生は長い。目標だった進学先や就職先に入ってから、自分が何をしたいかわからない、となっては困るので、大人時代を自分で楽しむことができる力をつけることを優先したいなと思います。

内容全部が「うんうん!」と頷けるわけではないとは思いますが、子ども第一!の原点を気付かせてくれる育児本です。

今回紹介した本は②ですが、①もありますよ~。

うに子
うに子
子どもの今を幸せにできるようサポートしていけたらいいな。この本を読むたび考えさせられます。