幼児教材・ドリル

七田式プリントってどうなの?お試し教材レビュー

コロナでの自粛生活の時、ワークが大好きな長男のために、七田式教育のお試し教材を取り寄せてやってみました。

七田式教育とは・・・

「認めてほめて愛して育てる」を基盤として、右脳の力を引き出すことを目的とし、自分で学ぶ子を育てる幼児教育のこと。

七田式は60年もの長い実績があり、有名な幼児教育です。以前本も読みました。

七田氏を初めて知った時は、おお!けっこう本気の幼児教育だな。と言った感想を持ちました。

興味のある方は本や公式サイトを読んでみてくださいね。

公式サイト ・・・ 七田式教育とは?

七田式プリントのサンプルをやってみた感想

届いた教材は3冊。


それぞれのプリントの対象年齢は下記のとおりです。

  1. プリントA・・・2歳半~4歳
  2. プリントB・・・3才半~5歳
  3. プリントC・・・4歳半~6歳

まだAとBしかやっていませんが(本人がやるのを諦めたw)やってみた感想を。

プリントAをやってみた

プリントAの対象年齢は2歳半~4歳

七田式プリントは始める目安という基準があって、プリントAの場合は、

七田式プリントAを始める目安

  • 鉛筆が持てる
  • ○×が書ける
  • 点と点を線で結べる
  • 大小、長短がわかる

となっています。

最初これを見た時は驚いた。長男は今5歳ですが、2歳半の時なんて鉛筆すら持たせたことがない。

内容は、お手本と同じものを見つけて○をつけるというものや


指定された文字を探して色を塗るというもの。

法則性を探して空欄を埋める問題など。


2歳半でこれ解けるかな~と想像してみましたが、長男が2歳半の頃ではたぶん無理でしたね。

プリントB

では、次行ってみましょ!

お次はプリントB。対象年齢は3歳半~5歳

七田式プリントBを始める目安

  • ひらがながすべて読める
  • 10までの数の大きさがわかり、書ける

問題は、ストーリーを想像しながら解く問題や

正しい接続語を選択する問題。

「うごきのことば」を選択して実際に書く問題などがありました。

問題分を読んだ瞬間、「うごきのことばってなに?」と息子。

そうよね~そこからよね。と色々と説明が必要な問題が多かったです。

プリントC

プリントCの対象年齢は4歳半~6歳。

七田式プリントCを始める目安

  • 10までの足し算ができる
  • ひらがなや簡単な単語が書ける

長男、足し算はさっぱりです。

ポピーにも足し算の問題はありますが、ものすごーく分かりやすのでギリギリできるレベル。

問題を見てみると、

法則性の問題や

指定された数字を分けるといくつになる?といった問題などがありました。

他には文章など、けっこう頭を使う問題がズラリ。

長男:「う~ん、またこんどにしようかな。」と解くのを諦めたーーー!(笑)ポピーならまだやるー!とノリノリなのに(笑)難しくて怖気づいた様子。

取っておいて様子を見てまたやろうと思います。

ちなみに七田式プリントは楽天でも販売されています。

 

 

七田式から出ている教材

プリントのほかにも、英語教材や俳句などの暗唱教材なども販売されています。

紐通しや思考力が鍛えられるキューブ、マスペグボードなんかもありましたよ。

オンラインストアをチェック ⇒ 七田式オンラインストア

まとめ

ワーク自体は難しいけれど、1問1問じっくり取り組むと考える力がつきそう。

就学時の基礎力をつけるのにはとてもいい教材だと感じました。

ただ、イラストが少し大人っぽいというか、子どもに受けがいい感じではないかなと。ポピーのイラストに慣れている我が子は、数枚やったらもう辞める~!となっていました。頭を使うから疲れるのもあるのかな?

紹介したA~Cの教材以外にも、プリントD(小学校入学前)のプリントもありましたよ。

教材発送後の勧誘の電話などは特になかったです。

無料のお試し教材はこちらから取り寄せすることができるので、興味のある方はどうぞ。

七田式プリント

 

▽無料で試せる幼児教材集めました▽

【レビューあり】無料で試せるものがたくさん!幼児教材まとめ幼児教材って色々あって迷いますよね。 我が家は長男がワークが大好きだった時期が長く、色々な教材をお試ししました。 そうなんで...



関連記事