絵本

子どもの夢がどんどん膨らむ!お仕事の絵本

「大きくなったら何になりたい?」

親子でよくある会話ですね。私も子どもたちに何度か聞いたことがあります。

長男は、「ウルトラマン(中の人?)」「幼稚園の先生」…とかその時々で変わる…。

次男は「アリさんかな~」とかメルヘンで何とも可愛らしい回答。

そんな感じで答えは返ってくるものの、世の中にどんなお仕事があるのかわかっているかな?とふと思い、こんな仕事があるんだよ~とお仕事関係の絵本を読み聞かせをしています。

うに子
うに子
これがけっこうヒットしまして、2人ともお仕事関係の絵本にハマり中。さっそく紹介します!

仕事の内容がわかる絵本

うちゅうひこうしになりたいな

宇宙飛行士ってどんなことをしているの?

という疑問に答えてくれる絵本。

宇宙ってどんな場所なんだろう?どんなふうに過ごしているの?想像するだけでワクワクしますよね。

絵がシンプルで分も短いので、小さな子でもわかりやすいと思います。

ぼくのママはうんてんし

お仕事絵本の中では珍しい、ママの仕事をテーマにした絵本。

のぞむくんのママは運転し、パパは看護師。ママの誕生日を祝う計画をするけれど…。というストーリー。

作者は違いますが、おとうさんはうんてんしもあり

おとうさんはしょうぼうし

みんなの憧れの的、消防士。我が家の次男は消防車が大好き。道で消防車を見かけると必ず手を振っています。消防士さんって優しい人が多いんですよね。必ずといっていいほど手を振り返してくれます。

子どもから見た消防士のおとうさんの仕事を紹介する絵本です。

しごとば

created by Rinker
ブロンズ新社

9つの職業の仕事場が紹介されています。

仕事の内容を紹介する絵本はよくあるけれど、仕事場を紹介する絵本は珍しい!子どもたちも興味津々で見てました。

続編もあり。

created by Rinker
ブロンズ新社

セット販売もあります。

21世紀こども百科 しごと館

子どもたちが憧れる職業が掲載されている図鑑のような本です。小学館から出ています。

本冒頭には、松井秀樹選手や科学ショーでおなじみ、米村でんじろう先生、草彅剛さんなどのインタビューも。

あいうえお順にお仕事が載っているので、自分の気になる仕事を探しやすいです。

アナウンサー、カーレーサー、救急救命士、消防士、パイロットなど、子どもがよく知っている職業から、イラストレーター、カーディーラー、天文学者、建築家など、あまり知らない職業まで幅広く掲載!

「こんな仕事もあるんだ!」と長男は興味津々。どんな仕事があるかを知っていると、選択の幅も広がりますね。

文自体は漢字あり(ふりがなつき)で文字も小さいので、1人で読むなら小学生以上かな。

親が読むのなら何歳でも楽しめると思います。

はじめて知るみんなの未来の仕事

こちらは学研から出ている「新まるごとシリーズ」の本。

あいうえお順ではなく、ジャンル別に分かれて掲載されています。

例えば、人を守る仕事、人を教えたり育てる仕事、社会を支える仕事、乗り物にかかわる仕事など…。

子どもの興味や好きに関連して読めますね。

私は小さな頃はどんな仕事があるかもよくわからず、漠然と自分の知っている知識の中で「ケーキ屋さん」「看護婦さん」になりたいって思ってました。

こんな仕事の図鑑のような本に出会っていたら、早い時期から色々な道が広がりそう!1冊家に置いておきたい本です。

お仕事がわかる絵本や本を読んで夢を広げよう!

仕事がわかる絵本、ほんっとーにいいです!

子どもの夢が広がる。

大きくなったら何になりたい?って聞くたび「……○○かな?」というなんだか微妙な間があったのが気になっていたけれど、どんな仕事があるかよくわからなかったんだろうな。

最近は、「○○もいいな~。○○も好き!」という感じに息子の中で選択肢が増えた感じ。これ!という夢に出会えるといいな。

うに子
うに子
図書館でも借りられるので、ぜひ!

 

関連記事