育児本

「こころの基地はおかあさん」時間がなくてもサクっと読めちゃう育児本

子育てをしていると、次から次に心配ごとや悩みが出てきます。

育児悩みは友人やママ友にその都度話を聞いてもらっていました。夫はのれんに腕押し状態であまり頼りにならない…。

育児書も頼もしい相談相手の1つ!

昔から本好きということもあって、育児書はもう200冊以上は読んだんじゃないかな、というくらい読み漁っています。

うに子
うに子
全てうのみにするわけじゃなく、色々な考えを知るという意味合いで読んでます

でも、子育てで毎日バタバタしていると、育児書をじっくり読む時間がないですよね。

今日は、忙しいママでもサクサク読めちゃう、漫画の育児本の紹介です。

子育てマンガ「心の基地」はおかあさんーやる気と思いやりを育てる親子実例集

今回紹介するのは、子育てマンガ「心の基地」はおかあさん やる気と思いやりを育てる親子実例集

「温かいお母さん」のイメージが子どもの「心の基地」になる、という考えに基づいたこちらの子育て本。

漫画で描かれているので、スイスイ読めちゃいます。

内容をざっくり紹介しますと…

第一章の、「子どもの目。輝いていますかー自発性を育てる」では、

すなおな子が「よい子」なのでしょうか?と、実例が漫画で描かれています。

他にも、中間反抗期や神経質な子ども、基本的欲求と物質的欲望などなど。

漫画以外に、各項目ごとに見開きページでアドバイスなどが掲載されています。

漫画なのでどんな場面や状況なのかよりわかりやすい

漫画のいい所って、じゃあ実際どんな場面でどう対処したらいいの?ということが想像しやす所。

文を目で追わなくても、すーっと頭の中に入ってきます。

漫画ではない本もあり

この育児本は、漫画ではない本もあります。

ベストセラーにもなっていて、育児に悩んだママみんなに読んでほしい1冊。

 

続編もあり。

子どものことがわからない、というママにぜひ読んでほしい!

長男が1歳くらいの時に購入した本ですが、未だに私の育児の心のよりどころとなっています。

この本を見ていると、ただただ甘えさせて情緒を安定させてあげることが何より大切なのだな、と気付かされます。わかっちゃいるけどそれが難しい!

忙しくて育児本なんて読む時間がないわ~、という人におススメです。

育児の悩みって本当に尽きない。その時々の年齢でどんどん出てくる。

でも、大切なのはこれ!という軸があると、そこからぶれずに済みます。

うに子
うに子
私は最近よく長男とぶつかってます。素直じゃない頑固者…。私そっくり(笑)

最近子どもたちに怒りすぎている気がするので、大切なことを見失わないようにしなくては、と思う母なのでした。