入園・入学準備

就学時健診ってどんなことをするの?実際に行ってきた感想

先日、次男の就学時健診に行ってきました。

長男の時も経験しているけれど、市が違ったので内容も違って母も戸惑い( ;∀;)

リアルな感想を書きますね。

就学前健診って何をするの?

就学時健診とは、来春小学校に入学する未就学児を対象に、健康診断&軽い面接のようなことをします。

私が住む地域では、

  1. 視力検査・内科健診・歯科検診
  2. 知能検査&面接

でした。

親から希望があれば、心配なことなどその後相談可となっていました。

実際に行ってきた感想

案内文には、受付から2,3時間かかる。

と恐ろしいことが書いてあり、怯えながら行ったところ、1時間くらいで終わりました(;^ω^)あ~良かった。

案内時間までは中に入れないとあったので、ギリギリに行った私たち。

実際は、案内時間前に受付が始まっいて、我が家は40番台でした(;´・ω・)これは学校によるでしょうね。

視力検査やその他の健診はまあそこまで不安もなく。

問題は、、、

知能検査!!!

知能検査って名前がもう嫌!(笑)

これが1番心配な方も多いのでは( ;∀;)

実際どんな質問があったかというと

  1. 氏名、年齢、生年月日
  2. 数の増減
  3. 1番長いもの、短いもの
  4. 物や生きものなどの名前

を聞かれました。

 

数の質問に関しては、まず全部で何個あるか。その次に、片手で何個か隠して手の中に何個あるでしょうか?というもの。

これ、次男わかってなかったです(笑)

長男の時はこんな質問なかったので、けっこうビックリ。

次男、全然集中しないタイプなので横で親が冷や汗かいた、、、

 

動物、物の名前あては、これ何?という質問だけじゃなく、空を飛ぶものはどれ?1番大きいものはどれ?といった質問でした。

率直な感想としては

けっこうガチな知能検査だな。

といった印象。

まるで幼児ポピーのワークをやっているようだった(笑)

うちもそうだけど、多少間違えたとしても何もチェックはされませんでした。

学校によって様々かと思いますが、参考になれば嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA