絵本・図鑑・読み物

夏休みの読書の参考に!学年別「読書感想文全国コンクール課題図書」まとめ

もうすぐ夏休みですね。

夏休みといえば読書感想文!

と思っていたけれど、現在2年生の長男の学校は「読書感想文」の宿題がない(/・ω・)/

うに子
うに子
ない学校なんてあるのね!とびっくり

時間がたっぷりある長期休暇なので、読書はたっぷりしてほしい。

今日は、読書感想文全国コンクールの課題図書をまとめました。学年別なので、本選びの参考にどうぞ♪

第68回青少年読書感想文全国コンクール課題図書

小学校低学年(1・2年生)

つくしちゃんとおねえちゃん

ばあばにえがおをとどけてあげる

すうがくでせかいをみるの

おすしやさんにいらっしゃい!

この絵本は読んだことがあります。

生きた魚が食べ物になるまでの写真絵本。自宅で一緒に魚をさばく経験はあまりないので、この本で疑似体験できました。食育にもおススメ。

 

小学校中学年(3・4年生)

みんなのためいき図鑑

チョコレートタッチ

111本の木

この世界からサイがいなくなってしまう:アフリカでサイを守る人たち

 

小学校高学年(5・6年生)

りんごの木を植えて

風の神送れよ

ぼくの弱虫をなおすには

捨てないパン屋の挑戦:しあわせのレシピ

ちなみに、青少年読書感想文全国コンクールでは、感想文をコンクールに応募することができます。

この機会に応募するのもいいかもしれません(^^)
※個人での応募は不可。学校を通じての応募となります。

▼応募要項はこちら▼

青少年読書感想文全国コンクール

読書で世界を広げよう!

昔から本が好きでよく読んでいます。

読書の目的ってなんだろう。って考えた時、人によって色々目的があると思うんですよね。

私の場合、本を読むことによって、自分では経験できないようなことを本を通じて経験できる。といった部分が大きいかな。

もちろん、リアルな体験ではないけれど。

伝記などで人の人生を垣間見ることも本なら可能。

貴重な体験談も本の中にごろごろ眠ってる。

自分の知らない世界を簡単にのぞくことができる本の力って、とても素晴らしいと思っています。

だから、息子たちにも色んな本に触れてほしい。

小学校の長期休みはゆっくり読書ができる絶好のチャンス!

この機会にどしどし本を与えていきたいと思う母なのでした。

▼絵本まとめてます▼

絵本まとめ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA