絵本・図鑑・童話

ゴミって一体どうなるの?がわかる絵本

最近次男がハマった絵本。

追跡!ごみのゆくえシリーズ。

【追跡!ごみのゆくえ 燃やすごみ】

作・写真:吉田忠正
監修:辻芳徳
出版社:ほるぷ出版
対象年齢:小学中学年から

図書館で借りた本で、シリーズ制覇しました(;^ω^)

次男、ゴミ収集車の観察が好き。いつもじ~っと近くで見てます。あのゴミがどこに行くんだろう~?って気になっていたみたい。

この本を読んで、ゴミには色々な種類があること、集めたそのあとどうなるか、がわかった様子。

うに子
うに子
この絵本を読んでから、次男がゴミの分別を意識し出しました!

対象年齢が小学中学年以上とあって、5歳の子には難しい話も。なので、少し省略して読んだりしています。母の得意技。絵本内容をはしょること・・・。

もやすごみの他にも↓

写真絵本なので、よりリアルでわかりやすいです。

ゴミの行方に興味がある(ってあまりいないかも)子におススメの絵本です♪ぜひ(^^

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA